「いるかちゃんヨロシク」大好き!のmame+juniが運営しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

~文化祭~Xday 黒 ⑤~

こんばんは~juniです。

昼は暑く夜は冷える気候に体調を崩しました。
皆様もお気を付けください。


~文化祭~Xday 黒 ⑤~

4人そろって廊下に出たとたん、色めき立ち、騒がしい周囲に、玉子は頭痛を覚えていた。

飽きることなく繰り返されるそれら。

すれ違ういるか(と玉子)の姿に、「おぉ~~~」と男子生徒が声を上げれば、春海が睨みつけ、彼らは黙り込む・・・が。

そんな春海の姿が、一部の女子には堪らないらしく「はぁ~~~~」と見とれたり。

良家の子女は、軽い不良には弱いのか・・・不良と避けていた数ヶ月前とは手の平を返し、「東条く~ん、似合ってる。」と、球技大会以上の声援が飛んできたり。

対して、微笑みかえす彼の姿は、羊の皮を被ったホストにしか玉子の目には見えず・・・。

後ろをついてくる生徒は徐々に増え、先頭の4人は、団体旅行のツアコンのようである。

「はぁ・・・。いるか、どこ行く?」

玉子は、辟易気味にいるかに問うた。

「う~ん。まずは、お昼ご飯食べたい。その後は、マキちゃん達の出展に行きたい!」

「ご飯って、さっきアレだけ食べた・・・あんたにゃ全然足りないか。あたしも1人分しか食べてないし・・・まずは腹ごしらえ、その後に、実行委員会のテントに行ってから、マキのところかなぁ。」

「うん。早く何か食べよう。お腹空いちゃったよ。」

見た目愛らしく華やかな女子高生とは思えない会話に、イケメン執事らは苦笑いしながら、

「うどんはあちらですよ。」

「焼きそばはこっちだぜ。」と、指差した。

彼らの言葉に、お姫とメイドはニヤッと笑いあい「どっちも!」っと叫んだのだった。



お腹を満たし上機嫌ないるかと玉子、2人の笑顔に満足な春海と巧巳は、まずは文化祭実行委員会のテントに向かった。

そして、アンケートの集計状況、体育館舞台の進行状況などを確認する。

現場の委員達のやる気と熱気も体感し、後夜祭までの簡単な打ち合わせをして、その場を後にした。

その後はいるかご希望の、マキ達文化部の合同出展に向かっていた。

そのうしろを、先程までの里見の生徒に加えて、どう見ても一般観覧者と思われる面々がついてくる。

今やその数は、膨れに膨れ、数十人になっていた。

割りきって楽しむ1人。

自分は関係無いと思っている1人。

やっぱり慣れない1人に、苦々しく思う1人。

・・・さっきまでと比じゃないな。まだ生徒の方がカワイイもんだ・・・。

里見の生徒はまだいい。後から加わった一般観覧者の大胆さに、春海は神経を尖らせた。

移動しながらも、あっちこっちと楽しそうに動き回るいるかに、微笑ましさを感じる暇が無い。

隙あらば!と彼女に近づく者や、隠し撮りをしようとする者などを抑える為に、四苦八苦している。

当のいるかは彼らのことを、甲子園のスターの追っかけ(実際、含まれてはいるのだが・・・)くらいに思っていた。

小学生!チビ!チンクシャにチビスケ!言われまくって十数年、男子の視線の先に自分がいるなど想像さえ出来ない。

確かに、倉鹿でのウェストサイドの時は可愛いと言われたが、それは遠い過去。

里見では毎日のように、同じ部員や周辺の運動部から、怪物だの怪力だの言われているのだから・・・。

その結果と天然の鈍感さで、自分への注目も、その視線の相手を射殺す視線にも、それを楽しみつつも・・・不憫だね・・・と言わんばかりの2人の視線にも、まったく気づいていない。

当然春海は、巧巳と玉子のそれに気づいて苦々しく思ってはいるが、今はそれどころでは無い。

とにかく、大量の害虫駆除に大忙しである。

そんな4人と後ろを連なる一団は、ようやく文化部の出展近くにたどり着いた。

合同出展ということで、大教室1つと2つの教室を使用したブースは超のつく人気で、驚くべきは、女子サッカー部の~ベルばら~を超えていた。

「何これ!?」

最初に驚きの声を上げたのは、もちろんいるかであった。

「凄いね。一番人が多いんじゃないの?」とは玉子。

「そうだな。」と春海。

「想像とはえらい違いだな。」と、ある意味失礼な物言いの巧巳であるが、他より高等部に長く居たからこその発言だろう。

もともとの大人気に、彼らが引き連れた人間が加わって、もの凄い人だかりである。

その中で、一番奥の教室から、何故か途切れ途切れに。

「わぁ~~。」と大きな歓声が聞こえたり、「どわははははは!」と笑い声が響いてくる。

何となくだが、嫌~な予感が、春海と巧巳だけを襲った。

この雰囲気には、覚えがある。それも極々最近。

「わぁ、来てくれたのね。廊下が騒がしくなったから、もしかしたらとは思ったけど。」

突然増えた見学者にマキが廊下に首を出し、いるか・春海・玉子・巧巳の目立つ4人に気づき、声をかけた。

「凄いじゃん。」

「凄いね。」

玉子といるかがマキに言う。

「そうでしょ。それもこれも、皆のおかげよ。」

その一言に「ああ・・・」と執事達は頭を抑えた。

察しの良い玉子が「ああ!なる程ね。」笑いながら言うと、「何の話し?」といるかが目を見開く。

「どうぞ、ゆっくり見て行って。どれもこれも力作よ。」

それぞれの反応を楽しみながら、マキは答えたのだった。



4人だけで、第一番目の教室に通された。

後ろに続いていた団体は不満の色を見せたが、どう見ても教室に入れる数ではない。

「せっかくだから、あなた達だけで入ってよ。それにね・・・とんでもないことになりそうだし。」

マキは、一団をチラッと見て言った。

彼女の言葉の訳を、彼らは中に入ってすぐに理解した。

そこある数々の写真。

「そういや、練習中、カメラ同好会がずっと一緒だったな。」

巧巳が一言言った。

眼前にひろがる「人魚姫」の練習中の彼らの姿。

衣装合わせをした時の写真や、舞台練習のもの。

笑ったり、しかめっ面をしたりと、様々な、そこに写っている本人でさえ知らない姿。

とても豊かな表情が並ぶ。

「俺らのことは気にしなくていいから。」と、確かにシャッターを切っていた。

最初は違和感を感じていたが、いつの間にか気にならなくなっていた。

それ程彼らはずっといたし、とんでもない数の瞬間を切り取ったのだろう。

その中からの選りすぐられた数々の写真に、4人は魅入った。

「頑張ったもんね。みんな良い顔してるね。」

いるかが口を開く。

「ああ、そうだな。」

春海が、一生懸命にセリフを覚える、いるかの写真を見ながらそう言った。

展示の最後を飾るのは、写真同好会・家庭科部・美術部合同力作の「人魚姫」のポスターであった。

ひと際大きな写真の横には、衣装と背景が展示されている。

見ごたえのあるそれらに、彼らが魅了されたのは言うまでも無い。

しかし、後に控える見学者のこともあると、後ろ髪を引かれながら、4人は第一の部屋を後にした。



次の部屋の入り口に立った途端、1人の笑い声が響いた。

「あは、あははははっ」

堪らないと笑う玉子の前には、ある物が展示されている。

題名は・・・「現物」である。

いるかも気づき「きゃははははは!」と笑い出し、春海と巧巳は渋い顔でそれらを見た。

蛍光塗料の塗られた数個のボール、苦々しい記憶が執事2人に蘇り、ついつい睨み合う。

そんな男連中をそこに置き、中へと進むいるかと玉子である。

「うわぁ・・・。」

2人の声が外まで響いてくる。

その声に「はっ!」とした春海と巧巳が後を追うように中に入ると、すぐさま春海が、感嘆の声を漏らした。

「人魚姫の世界か・・・教室じゃないみたいだ。」

全体を青い布地が覆う中、大きな水泡とも見まがうモノが、様々な方向から螺旋を描き降りてくる。

数個の螺旋が連なった大きな螺旋には、天井からライトが落とされ、中心には、人魚姫のラストシーンの衣装が飾られていた。

四方には薄暗い中に光が灯され、「人魚姫」の舞台の世界と、小道具の数々が中に浮いている。

神秘的に光る玉と深海の老婆の大道具が見え、各所では出演者の衣装が彩を添えていた。

「うちの文化部って、実は凄いんだな。」

巧巳が言うと、無意識に頷く3人だった。

ここまでくると最後の部屋・・・大教室が大変気になる4人である。

初めの2部屋とは、雰囲気が大変異なる気がするのは、多分に気のせいではない。

~後方からお入りください~と書かれているにも関わらず、反対のドアに案内されたのも気になる。

教室から変わらず響く、歓声?いや笑い声に、春海と巧巳の足が止まる。

これは勇気がいる・・・正直な2人の気持ちをよそに、玉子といるかはガラッとドアを開けた。

開くはずの無い入り口からの入場者に、大教室全員の視線が集まった。

ざわざわっと一瞬波が立ち、4人が誰なのか気づくや否や

わぁぁぁぁ!!!きゃーーーーー!!!最高!!!やんや、やんや!!!ぴーー!ぴーー!と、ありとあらゆる歓声が溢れる。

薄暗くされた大教室には、3つのモニターが並び、真ん中は「人魚姫」の舞台全体を正面から映し出していた。

左右には、同時に映したと思われるアップ映像が並び、出演者の姿、表情が克明に映し出されるようになっている。

遠目では見えなかったいろんな部分・・・呆けた王子の顔や、怒れる隣国の姫。

何よりも人目を引くのは、愛らしい人魚姫の姿。

今日一日、何度目の上映となるのか、繰り返されても満員の会場に、飛んで火にいる夏の彼ら・・・。

今日最高の盛り上がりに、マキ他文化部の面々は大満足である。

いつ終わるとも知れない歓声に、早々に会場を逃げ出したのは、もちろん男2人で。

いるかと玉子は大きく手を振り、更に大きくなる歓声の中、悠々と大教室を出て行った。



「素敵な展示で、凄く良かったね。みんな・・・本当に大好きなんだね。」

文化部合同出展を離れ、一息つくなりいるかが言った。

玉子も笑いながら頷いた。

渋い顔の春海と巧巳も、それには「そうだな。」というしかない。

少しは苦情を言いたい所だが、それを越す感動を彼らに与えたのだから、大大、大成功には違いない。

まだまだ余韻に浸っていたいところだが、いつの間にか結構な時間が過ぎ、いるかと玉子の2人が、~ベルばら~へ戻る時間に程近くなっていた。

「あ~あ、もうこんな時間だよ。いるか、戻んないと。」

「もう45分か。楽しいと時間がたつの早いね。」

玉子がいるかに告げると、見るからにガッカリした表情でいるかが答える。

・・・と同時に、いるかのそばにいた春海から立ち上った黒々とした殺気に、執事とメイドは慄いたのだった。

いるかちゃんヨロシク画像イラスト 山本春海


~文化祭~Xday 黒 ⑥へ続く~
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

juni+mame

Author:juni+mame
「いるかちゃんヨロシク」の二次創作サイトです。
 <mame二次小説/juni イラスト>
当サイトはリンクフリーです。
当サイト内の画像や文章の転用転載をお断りいたします。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。