「いるかちゃんヨロシク」大好き!のmame+juniが運営しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いるヨロ <俺の女神!幕末編>へ

ご無沙汰してます。
mameで御座います。

相棒juniの、<俺の女神!幕末編>は、私とパンダも、お気に入りの一枚でした。

パンダは、新撰組や幕末の話、関係する映画や書籍にとても詳しく、
>「沖田総司は女だった」
この話の発端も、多分彼女だったと思います。(juniは忘れているようですが・・・)

juniから、このイラストを見せて貰った時に、お話は書きましたが、このサイトの性質上、更新は難しい
だろうと思っておりました。

しかしこの度、華子様からリクエストを頂き、juniとパンダの薦めもあり、更新する次第です。


!!!ご注意!!!

◆このお話は、新撰組の「沖田総司」と「土方歳三」を、「いるかちゃん」と「春海」に置き換えて書いた
 別(パラレル?)小説です。

◆新撰組の史実にも、まったく基づいておりません。

上記がご不快な方は、けっして読まないで下さい。

ご了解頂ける方は、どうぞ読み進めて下さいませ。




~浅葱色の2人~

・・・男として立っているわたしが出来ること。そして、譲れない事。

それは唯一つ。

あなたの背中を守ること。




「こんな時間に外出ですか?護衛として同行します。」

フッと笑いながら沖田総司は言った。

彼の顔を見ながら、土方歳三は考える。

先般喀血して倒れて以来、その身を皆に案じられて、やっと、やっと医者に行った。

いや、無理に連れて行った。

もちろん、俺の以外の誰も、彼を医者へ連れて行けやしない・・・と言うより、連れて行くことを許さない。

たった一人、俺が心から愛する者だから。




その剣技と速さには、誰も敵うものなど無く、だからこそ誰一人、疑うことは無かった。

美麗にして華、美しい鬼。

それでも尚、どうしても惹かれる自分に驚いた。

衆道は武士道の華と呼ばれても、得て不得手がある。

どうにも馴染めないその習慣に、とうとう染まったかとさえ思った。

華であるが故に誰もが望むが、唯一人として捕まえることの叶わぬ者だった。

美しい女でさえも・・・。

彼がその、女である事に気づいたのは、ほんの偶然からだった。

オナゴからオノコへと変貌する瞬間を、本当に、偶然に垣間見た時、その冴え冴えとした美しさに言葉を失った。

・・・すぐに隊を抜けることを進めた。

いつ死ぬかわからぬ世界に、彼女を留めおきたく無かったのだ。

総司は言った。

「わたしは、生まれた時からずっと、武士として育ちました。ここで、武士らしく死なせてください。それが叶わないなら、今ここで・・」

「わかった。」

続く言葉が判るなら了承するしかなく、今に至る。




「お前なぁ。俺は新撰組の土方だぞ。」

「だから心配なんですよ。さぁ、行きますよ。彼らに会うんでしょう。」

・・・やっぱり読まれてるか。

土方が市中に紛れ込ませている隠密達。

局中であっても、名を出さない辺りが沖田らしい。

「いつもの場所ですか?」

それは知らぬはず!と、総司の顔を凝視すると、困ったように笑うその表情に言葉を失う。

「次からは共に行くぞ。俺の後ろを黙って警護してました。それで、お前が後ろから襲われたんじゃな。」

「はははは!そんなドジは踏みませんよ。」

カラカラと笑い、剣を携えた華は立ち上がった。




生まれた時から男として、武士として育てられ、武士道を叩き込まれた。

世の為に生きるのだ。

女は当の昔に捨てた!はず・・・だったのだ。

それが、彼の背中を追いかける事、守る事が、生きがいになるなんて。

死は、怖くない。けれど、貴方と共に居られなくなるのは、嫌なんだ。

私は弱くないが、強くもないことを気づかせたのは貴方だから。

・・・貴方の為なら、どこまでも強くなれる。

もし隊を抜けさせられたら、すぐに切腹して果てようと思った。

それは彼に通じたようで、今も共に立っている。

貴方の傍にいる限り、わたしは、死なない。




京都の夜は途方も無く物騒である。

いつ何処で、死に出会うとも限らない。

その市中にあって、彼らはほっと一息ついた。

「あんまり無理するなよ。そう。」

「大丈夫だよ。歳三さんの心配しすぎ。」

局を出て2人きりになると、ほんの少し少女の顔を見せる。

彼女は、土方に自身が女とばれて以後、外で2人きりの時は、「そう」と呼ぶことを望んだ。

「・・・幼い頃、母だけが、私の事を”そう”と呼んでいたんです。」と言った。

そんな沖田に土方は、「ならば・・・」と言い募り、「俺のことも名前で呼べ。」と、欲を覗かせた。

それからの2人は、縮まった距離を実感しつつ、お互いに何も言わなかった。

秘すれば華・・・「そう」「歳三さん」と笑いあうのだ。

「心配しすぎても・・・し足りん!今だって、”そう”司、お前は無茶するつもりだろう。」

「そうですね・・・3人?いや、5人でしょうか。土方さん。」

土方と沖田は、スッと背中を合わせ、闇夜に目を光らせた。

いるかちゃんヨロシク画像 いるかちゃんヨロシクイラスト 如月いるか山本春海


・・・あなた(お前)になら、背中(命)を預けられる・・・。

言葉にならない信頼(想い)が、最も強く2人を繋げる時間へと、彼らは突き進むのだ。




意外と簡単に事は終わった。

土方が1人を手負わせ、沖田が、「新撰組の土方と沖田と知っての所業ですか?」と、薄く微笑みながら言うと、彼らは逃げるように去った。

敵方ではなく、追いはぎか何かだったらしい。

「ほら、わたしがいて良かったでしょ。」

彼女は、微笑みながら土方を見上げる。

「わたしがって、お前な。」

「うん?」

口角を上げ小首を傾げる様は、ほんの先程まで、殺気を漲らせていた剣鬼とは思えない。

「・・・ありがとうな。そう。」

歳三は名前を呼びながら、ポンと”そう”の頭に手を置いた。

すると彼女は、体ごと行き先の方へ向き、歳三から少し染まった顔を隠す。

そして・・・

「歳三さん、おいてくよ。」と言いつつ、歩を進めるのだった。

~終わり~

mameさんありがとう。
感動(/□≦、)エーン!!



スポンサーサイト
コメント
ありがとうございます!!
うわぁ、本当にお話になるなんてっ
ステキなお話でした~ 

いる春にぴったりな設定でしたね 

長編となると難しいでしょうが、またぜひこの続きもいつか…お願いします

リクエストに応えて下さって、ありがとうございました 
2010/08/05(木) 01:14 | URL | 華子 #-[ 編集]
No title
華子様へ

喜んで頂けて安心しました。

話が暗いので、気になってました。

華子様のリクエストが無かったら、日の目を見なかったと思います。

ありがとうございました。
2010/08/05(木) 13:33 | URL | mame #-[ 編集]
たびたびすみません
mameさんのお話も素敵でしたし、juniさんのイラストに目を奪われました。
いままで読んだなかにでてくるイラストもどれも素敵で、これからも楽しませてください。
ちなみに、この土方さんと沖田さんのイラストはマイベストに入ります。なんてね。
2010/10/06(水) 16:39 | URL | しゅな #899GYJD6[ 編集]
No title
(*゚▽゚)/゚・:*【祝】*:・゚\(゚▽゚*)
マイベスト!
若気のいたりの一枚に嬉しいお言葉です。
ありがとうございます<(_ _*)>

~浅黄色の2人~
このお話は私もお気に入りなんですよ。
2010/10/07(木) 00:05 | URL | juni #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

juni+mame

Author:juni+mame
「いるかちゃんヨロシク」の二次創作サイトです。
 <mame二次小説/juni イラスト>
当サイトはリンクフリーです。
当サイト内の画像や文章の転用転載をお断りいたします。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。