FC2ブログ

「いるかちゃんヨロシク」大好き!のmame+juniが運営しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

~最初の夏~④

こんにちは~juniです。

~最初の夏~最終回です(*^▽^*)
ではどぞ~。


~最初の夏~④

春海と巧巳の傷(箱根駅伝の折の・・・)も癒え、学校行事も一段落した二学期のとある日。

マウンド上に立つ、一人の少女の姿。

女子サッカー部の練習を終えて、意気揚々と野球部にやって来たいるかは、腕をぐるぐると回し、これがあたしのウォーミングアップとばかりに、マウンドに立った。

そして、清々しい程の笑顔で、

「春海!これは上から投げていいんだよね~。」と、グランド脇に立つ河童頭に問いかける。

彼と並んで見ていた巧巳は、

「おい春海、あんな事言ってるぞ。」と訊ねるが、

「はは・・は。」

隣の乾いた笑いを見て、それ以上の言及は避けた。

キャッチャーの姿は無い・・・。

というのも、玉置がマスクを付けバッターボックスに入るのを、春海が止めたからである。

当の本人は、そんな些細な事!?と言わんばかりに、足元の硬球を拾うと構えに入った。

・・・よーし、グワンバルぞ。

「いくよー!」

いるかは大きく叫ぶと、足を高く上げ、腕を豪快に振り下ろした。

ビュッ!

ボールが放たれた瞬間、風切りが音が空気を裂き。

ゴォーーー!

ドゴ!

凄まじい音とともに、硬球は、コンクリートの壁にめり込んだ。

「おあ!?・・・マジかよ。」

・・・話は聞いてたが・・・。

「はぁ~、相変わらずだな。」

対照的な感想が2人から漏れる。

他の部員は、ただ唖然と、いるかを見た。

「いるかはアンダースローでも、140キロ近く投げる事が出来るんですよ。」

「スピード以前の問題だろ・・・ハンパねぇな。男なら即戦力だ。・・・にしても、バッティングピッチャーは、無理だな・・・。」

春海が大きく頷く。

その傍で、口では無理と言いながらも、巧巳はじっといるかを見続けた。

当のいるかは、部員にめり込んだ球を取り除いて貰うと、楽しそうに次の球を投げている。

・・・おもしれぇ。これが打てれば、どんな速球、剛球の奴が相手でもやれるよな。打てなくても、当てることが出来るようになれば・・・。

巧巳はその投球から目を逸らすことなく、玉置の肩に手をやり、何事か耳打ちした。

・・・基本中の基本、なんだよな。

バッティングピッチャー(打撃投手)は、打者の打ちやすい球を投げなければいけない。

・・・あいつの事だ。知らないんだろうな。俺ら(ピッチャー)とは逆の役目だし、いるかは器用とは言いがたい・・・それに・・・。

「捕れる人もいないでしょうし。」

そう言って横を見た春海の目に、玉置からマスクとプロテクターを受取る巧巳が目に入る。

「・・・何を。」

「お前さ俺を忘れてないか。最近は、バッティングに力を入れる為に、やってなかったけどな。」

ひざを曲げ、プロテクターを取り付けながら、言葉を続ける。

「サンキュー玉置、借りるな。」

つけ終わるやいなや、すっくと立ち上がると、ゆっくりとボックスに向かった。

「巧巳、あいつはストレートしか投げない。」

春海が巧巳の背中に叫ぶと、彼はOKとばかりに右手を軽く挙げ、マウンドに向け叫んだ。

「いるかストップだ!俺がうける。」

いるかは自分を呼ぶ、マスク越しの曇った声に、顔を向けた。

「もしかして・・・巧巳?」

顔は見えないが、知った声と体格に名を呼んだ。

「ああ。思いっ切り投げてみろよ。」

「へぇーー。キャッチャー出来るんだぁ。ありがとう。」

いるかはご機嫌な笑顔で答える。

そして、巧巳が定位置に座り、ど真ん中にミットをかまえると、「やっぱりキャッチャーがいた方がいいな。思いっ切り投げれるもん。」などと、のたまった。

その台詞に部員達が、「うげぇっ」「嘘だろ・・・。」と漏らす中、さらに大きく振りかぶると、腕を振り下ろす。

ビュッ!

ゴォーーー!

ズドン!

重量感の在る、小気味良い音と共に、剛速球はミットの中に吸い込まれた。

・・・コントロールは十分。ここからならコーチも出来るしな。実践さながら、いや、それ以上の練習だ。

マスクの下で、巧巳の口から笑いが漏れる。

彼はマスクを脱ぎながら立ち上がり、マウンドに立ついるかに叫んだ。

「一週間に一回、投げに来てくれ!」

「うん。わかった!ヨロシク、巧巳!」

嬉々とした表情で、いるかは右手を振る。

彼らの、春の甲子園に向けての戦いが、本格的に始まった瞬間だった。




春の選抜を前にした地区大会。

彼らは、それまでの「守備の里見」の認識を覆し、対戦校のピッチャーを震撼させる打撃力を披露した。

その後(のち)、里見学習院野球部のスタイルは、「守備と打撃の里見」として、後輩達に引き継がれる事になる。

~最初の夏~終わり④


juniは高校野球得意じゃないんです。でも今年は感情移入して見ました。
「こんな感じなのかな~。」とか( ̄、 ̄=)


スポンサーサイト
コメント
No title
いるかちゃんの球が打てたら何でもいけるようになりますね。
ものすごい荒修行だわ(笑)
2010/08/19(木) 19:26 | URL | 和流 #V0Zz7F9Q[ 編集]
シリアスあり~お笑い系あり

いるかちゃんと春海の高校生活に胸キュンと笑いを貰っちゃったぁ
2010/08/21(土) 18:41 | URL | 亮 #-[ 編集]
No title
お返事遅くなりました。
ごめんなさい。

和流様へ
確かに~(^^)何でもOKになりそう。

亮様へ
juniは春海のシリアス部分に萌えました~(* ̄∇ ̄*)
2010/08/29(日) 22:03 | URL | juni #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

juni+mame

Author:juni+mame
「いるかちゃんヨロシク」の二次創作サイトです。
 <mame二次小説/juni イラスト>
当サイトはリンクフリーです。
当サイト内の画像や文章の転用転載をお断りいたします。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。