「いるかちゃんヨロシク」大好き!のmame+juniが運営しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

~浅葱色の2人~楽しき日々(後編)

こんにちは、mameです。

秋らしくなり、夜は冷え込むようになりましたね。

先の日、秋桜を見てきました。

とても綺麗な景色の中、ゆったりとした時間を過ごしました。


~S様~

温かいお言葉ありがとうございます。

無理せず、のんびり続けていこうと思います。

今後とも、ヨロシクお願い致します。



後編の更新をさせて頂きます。

宜しければ、お読み下さいませ。

**********************************************************************************************

~浅葱色の2人~楽しき日々(後編)

「お忙しい時にすみませんね。」

「それより、大変な事っていうのは何なんだ。」

部屋を辞して廊下に出ると、土方は不機嫌も露に言った。

沖田の振り返り見上げる目に、申し訳ない・・・そんな気持ちがチラチラと見えて。

「何かあったんだろう。別に怒っちゃいない。」

本当はこんな言い方をしたい訳じゃない。先程の2人にささくれているだけなのだ。

小さな背中の後を歩きながら、はぁっと一息吐いた。

沖田は、大きくため息を吐いた土方を振り返って

「本当に怒ってないですか?あの・・・怒りませんか?」

又も言う。

沖田の歯切れの悪さと、意味不明の言葉に土方は腕を組んだ。

・・・本当に何なんだ。いったい。

「だから怒っちゃいないと・・・おい!何をする気だ?」

沖田は土方の言葉を最後まで待たず、渡り廊下から庭にヒョイッと飛び降りると、そのまま軒下へと潜り込んだ。

「おい総司!」

次いで土方も、沖田の後を追って庭に飛び降りる。

しかしもう、その姿は、無い。

あっという間の出来事である。

・・・そういや、こいつの動きに敵う奴もいないな。

沖田の瞬発力、スピードについていける者は、武芸者集団の新撰組にもいなかった。

その上、常日頃から、沖田の行動は読めない事が多いのだ。

ふっと消えたかと思えば、団子を両手に持ち、満面の笑顔で食べているし。

ある時は人目を忍びしゃがみこむ姿に、「どうした?」と尋ねれば。

「しーしー。土方さん見つかりますって。」

めっぽう本気で、近所の子供達とかくれんぼをしていたりする。

色んな意味で、到底自分には出来ない事をいとも簡単にやる彼に、嫉妬を覚える。

いや、覚えた事があった。

一番は、自身が敵わぬ近藤の上をいく、その剣術に。

小柄でしなやかな肢体から繰り出る、一技にしか見えぬ三段突き。

そして、いくら血塗られようと染まらないその両手。

何度も目を、心を奪われた。

それがいつからだったのか。今となっては土方自身にもわからない。

「あいた!ごめん、ごめんって。ちゃんと返すから。」

飛ばせていた意識が、その原因の声で引き戻された。

軒下をゴソゴソと移動してくる音がし、それが途切れると、見慣れた姿が・・・大層汚れていた。

「お前、何て姿だ。新撰組の助勤ともあろう者が。」

「あはは、埃だらけのクモの巣だらけ。」

そう悪びれず言う様に、毒気も抜かれる。

「それで結局、大変な事ってのは何だ。」

再び土方が問うと。

「あ!これなんです。」

頭や肩を払う手を止め、胸元からいそいそと、小さな物体を取り出した。

「見て下さいよ。可愛いでしょう。」

首の後ろをつまみ、足の下に優しく手を添え、ついでに笑顔も添えて、土方の眼前に両手を突き出す。

にぃやぁぁぁ。みぃやぁぁぁ。

「猫・・・。」

「そうです。子猫です。とうとう生まれたんです。」

興奮冷めやらぬ様子の沖田である。

・・・怒りませんか?の意味が、今、理解できた。

握りこぶしを静かに握る。

お・こ・ら・い・で・かーーーーー!

「”一番”に”歳三さん”に見せたかったんです!!!」

満開の、そのほころぶような笑顔。

・・・まいった。

握力が抜ける。

「すっごく可愛いでしょう。屯所の下でですよ。凄いでしょ。」

喜びに沸く声、懸命に突き出された腕と、百面相のように表情をクルクルと変える様。

目が離せない。

・・・怒れねぇ・・・。

「もう少ししたら、皆にも見せようと思ってるんですけど。一番最初に見せたかったんです。」

土方は、一度は握った拳を開き、沖田の頭に手をのせると、ポンポンと軽く弾ませた。

そして、少し目を逸らして言った。

「ああ、可愛い可愛い。めっぽう可愛いよ。」

「でしょう。可愛いでしょう」

沖田は喜びをより膨らまして、頬を紅潮させた。

そんな”そう”を見て、この日々が続く事を、土方は祈ったのだった。

~浅葱色の2人~楽しき日々・・・終わり


スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

juni+mame

Author:juni+mame
「いるかちゃんヨロシク」の二次創作サイトです。
 <mame二次小説/juni イラスト>
当サイトはリンクフリーです。
当サイト内の画像や文章の転用転載をお断りいたします。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。