FC2ブログ

「いるかちゃんヨロシク」大好き!のmame+juniが運営しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

~近づく距離~ 後編

こんばんは~juniです。

~近づく距離~後編を更新しますです。



~近づく距離~後編

ピンポ~ン!ピンポ~ン!

呼び鈴の音に吸い寄せられるように、かもめは玄関に向かった。

そして、いとこの顔を見るなり、

「母さん!いるかだった。部屋に上がるね。」

そう一言叫んた。

彼女らの場合、玄関から直行で子供部屋に行くことは、珍しいことではない。

それでも、今日は久しぶりにの訪問だから、家人に挨拶をして・・・と、いるかは思っていた。

しかし、会って早々、かもめは従妹の手を引いて自室に引き入れ、開口一番尋ねた。

「どうしたの。いるか」

・・・どう見ても変・・・。

十数年一緒に育ち、従妹と言うより姉妹に近い少女の、今まで見たことのない表情。

迷い?困惑?寂しさ?いろんな色が・・・入り混じって。

「え、うん。」

いつものいるかは、頭で考えるよりも、行動が先。

猪突猛進、白黒はっきり、明と暗。

感情表現が豊かで、笑顔に泣き顔。

決して、こんな顔をする子じゃない。

「ホントにどうしたの?らしくないよ。」

・・・らしくない?・・・らしいって何?分かんないよ。

「あたしらしく無いって事?・・・あたしらしいって何?」

息苦しそうに顔を歪め、いるかはかもめに呟く。

「いるかはいるかだってこと。・・・何でもいいよ。話してみなよ。」

かもめは、小さなテーブルを囲むように用意しておいたクッションを、軽くポンポンと叩いた。




小さな頃から一緒の彼女らは、双子の様に似ているようで、かなり違う面を見せていた。

しかし、容姿が余りにも似ていたため、双方の親でさえ、時々間違うことがあった・・・性格さえ含めて。

その中で、琢磨だけが、2人を完璧に見分けていた。

最も似ている所は・・・正義感が強く、喧嘩っ早いところと、頭の程度。

でも、剣道に打ち込むかもめと、何でも適当だったいるか。

姉さん気質で皆を引っ張るかもめに、いつも弱者の味方で、台風のごとく皆を巻き込むいるか。

両親の常に揃った家庭で育ったかもめと、海外での仕事が多く両親との時間が短い・・・いるか。

そのせいか淋しがりやで、普段の行動からは想像も出来ないほど、周囲に気を遣う所がある。

いるかにとっては、両親と離れて暮らす寂しさを埋めてくれた・・・大切な、一番身近な”家族”のようなかもめ。

かもめにとっては、幼馴染でいとこで宿命のライバルであり親友、それがいるか。




もう5分?いや10分近く?いるかはだんまりを決めていた。

いや・・・だんまりではない。

言葉を選んでる?探してるのかな?

付き合いの深さで、彼女を慮る。

いるかも、どう言えばいいのか考えあぐねていた。

・・・別に飾ろうとは思っていない。

やっと、小さくかもめに尋ねる。

「あのさ、かもめと琢磨ってさ。今・・・どこまで・・・。」

あまりにも想像していなかった一言。

その上、いるからしからぬ質問に、かもめは言葉を失った。

学校の友人が、好奇心丸出しで、かもめに聞くことは多々ある。

もちろん、彼女はまともに相手しない。

でも、いとこの口から、それ系のセリフが出て来たことはない。

性格的なものだろうか。

お互い・・・どちらかというと、恋愛系の話題は苦手である。

・・・と言うより、小さいころは「男の子なんて嫌いだ!」そんな話ばかりで、あまり深く、恋愛系の話をしたことは無い。

ここまでストレートなのは、あの中学3年の日、琢磨とかもめを心から心配しての言葉、その時以来だ。

だからこそ、好奇心からで無いことは分かるが、驚きは隠せなかった。

彼女のその様子にいるかは、しまったぁ~っと顔を歪ませ、「ご、ごめん。変なこと聞いて・・・。」と、言葉を紡いだ。

・・・・・。

2人の間に沈黙が流れる。

いたたまれない空気に、いるかは、久しぶりに訪れたいとこの部屋に、視線を泳がせた。

棚の上には、幼馴染3人の写真の横に、2人の写真・・・琢磨とかもめ2人の、中睦ましい1枚が飾られていた。

明日の予定の為だろうか。

選び抜かれたであろう洋服一式が、出番は今かとハンガーに掛けられている。

小さいころから居なれた部屋は、ほんのり色づいている。

「・・・やっと、いるかと春海君に追いついたって感じかな。」

かもめが、ゆっくりと口を開いた。

「え?あたし達に追いついたってどういうこと?」

いるかが質問を返す。

「・・・恥ずかしいこと聞き返さないでよ。2人は婚約までしてるんだからさ。もちろん・・・その・・・ね。」

かもめは、言えない単語を匂わせる。

「もちろんそのって・・・え~~~~~!!!!は、春海とは、キ、キスだけだよ。」

「・・・キスだけって・・・え!嘘。」

「嘘じゃないよ。」

「春海くんって、手が早そうじゃない。2人で家出までしてるし。」

「かもめは、春海のこと誤解してるよ!(してないと思います・・・笑)それにさ、家出したのはあたしだよ。春海は追いかけて来てくれたの。」

・・・いや、だからこそ、もうそこまで行ってるかと・・・。

いるかは真っ赤な顔で、口をへの字に結んだ。

かもめはそんな従妹の顔をまじまじと見ながら・・・春海くん、大変だぁ・・・とひとりごちる。

「なに?」

聞こえるかどうかのその声にいるかが反応するが、かもめはあえて聞き流し、

「つまり、そういう相談なんだ。」と、言葉を返す。

するといるかは、更に赤くなりながら、「う・・・ん。」と答えたのだった。




解ってしまえだ事は簡単だ。

つまり、この真っ赤な少女は、準備が出来たと伝えたいのだ。

可愛いなぁ。

付き合いも長く、姉妹のように育ったいとこ。

・・・そういえば、いくら彼氏が出来たからって、いるかはいるかなんだよね。

先に彼氏ができ、婚約までしたいとこは、自分よりも何歩も速く、大人になっていたと錯覚していた。

「春海くんに言ったら。」

「何て言うの?」

「何て言うのって・・・言えたら悩まないか。」

「でしょ。かもめと・・・琢磨はどうだったの?」

「え!・・・と、琢磨とは自然に。」

「自然に・・・自然に・・・それじゃ全然分かんないよぅ。」

「3年も付き合って、婚約までしてるに・・・。」

鏡を映したような2人は、ふぅ~っと顔を見合わせため息を吐いた。

・・・難しい・・・。

確かに、いるかが悩むのも解る。

「春海くんに、”あたしは大丈夫だよ”って言う・・・とか。」

いるかはかもめを凝視し、ブンブンと首を振った。

それが出来れば、こんなに悩んでなどいない。

・・・いるかは、言えないよねぇ・・・いるからしいって言えば・・・それまでだけど。

ありあまる行動力、男勝りで喧嘩っ早く、2人で泣かせた男どもは数知れずの・・・いるか。

愛すべき素顔は、どこまでも奥手で、恥ずかしがり屋の少女。

かもめは再びいるかの顔を見る。

この少女に相応しい伝え方。

相手は、あの人一倍敏い彼で、きっと、今か今かと待ち構えているはず。(笑)

ほんの小さなシグナルも、見逃すとは思えない。

かもめはもう一度いるかに視線を向け・・・どうしたら・・・と考えながら、言葉以外の何か!と、部屋中を見る。

・・・手紙は・・・書いて渡せるくらいなら、もう言ってそうだし、書く内容も、いつ渡すかも悩みそう。

・・・言わなくても、書かなくても、タイミングも何とかなる・・・難しいなぁ。

考えながら目に入った、明日の予定の服。

上から下まで揃えられた一式の中の、ある物が目に飛び込んだ。

・・・あ~!あれだ!!!。

かもめは、すっくと立ち上がり、それを手に取った。

いるかは突然立ち上がったかもめを、何事かと見上げる。

「うん。これだったら大丈夫。いるか、あたしの言う通りにするんだよ。」

かもめは、いるかそっくりの笑顔で微笑んだのだった。

~近づく距離~終わり


mameさ~ん。

続きが気になる~(>.<;)


スポンサーサイト
コメント
久しぶりに来たらあらあらまぁーな展開

いるかちゃん
ゆっくりでも大人の階段を登ってるのだわ
2011/05/10(火) 12:32 | URL | 亮 #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

juni+mame

Author:juni+mame
「いるかちゃんヨロシク」の二次創作サイトです。
 <mame二次小説/juni イラスト>
当サイトはリンクフリーです。
当サイト内の画像や文章の転用転載をお断りいたします。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。