「いるかちゃんヨロシク」大好き!のmame+juniが運営しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

~最後の冬~前篇

おこんばんは~juniです~。

mameさんから待ってた新作来ました。

どぞ~(o ⌒∇⌒)o



!!!ご注意!!!

◆このお話は、当時の日程他決まりなどに関して、ご都合主義で書きすすめております。

上記をご不快に感じる方は、けっして読まないで下さい。

ご了解頂ける方は、どうぞ読み進めて下さいませ。




~最後の冬~

「所詮俺たちは男だ。」

男2人だけの生徒会室で、巧巳がやぶから棒に口を開いた。

春海が、突然なんだ!と視線を送る。

共通一次も終わり、その報告も兼ねた登校日。

周囲の余りの五月蠅さに、2人は生徒会室に避難していた。

すでに役員を引退した彼らだが、後輩たちは「いつでも使って下さい。」の歓迎状態である。

そして、1年2年の現役員は、ただ今授業の真っ最中。

故に、心置きなく、使わせて貰っている訳だ。

「無理しすぎるな、と言ってるんだ。」

・・・見ちゃいられない・・・。

「何の話だ。別に無理なんかして無いさ。」

否定はしてみる。

しかし、ここ里見で、彼に限っては通じない事は分かっていた。

春海のいるかに対する思いを、全身で受け止めた事があるのだから。

「お前さ。いわゆる。”むっつりスケベ”だよな。」

「何だと!」

耳触りとしか言いようのない言葉に、春海はあからさまに不機嫌を表した。

「一見、他人に興味が無いように見えるが、手の中に入れた人間は大事にする。顔には出さないから、判りづらいけどな。」

ゆっくりと語りながら、巧巳はいったん言葉を切り、チロと春海を見る。

「でも、気になる女がいれば、他には目もくれず猪突猛進。・・・恋愛関係になれば、本来、手が早いタイプだろ・・・お前。」

その確定的な言い方に、異論を唱えたいものの、

「・・・・・・・。」

春海は、ぐうの音も出ない。

沈黙は時に雄弁だ。

それを返事と受け、巧巳は言葉を続けた。

「好きな女に触れたいと思うのは、至極当然の事だ。」

彼は話を締めくくると立ち上がり、「じゃ、お先に!」と、生徒会室を後にした。

1人残された春海は、額に手をやり頭を抱える。

実際、今彼は、身動きが取れない状態にある。

普通に触れる事さえ難しい・・限界が、近い。

それでも、いるかの傍に居たいが為に、平静を装っていた・・・。





T大学の受験・・・絶対という保証はないが、落ちるつもりもなく。

・・・いつもの様に臨めばいい・・・。

同じ土俵の中で、何処まで上にいけるかというレベル。

春海に気負いはなく、彼をよく知る周囲は、たいして心配をしていなかった。

いや唯一人・・・。

「春海、大丈夫?あまり無理しないようにね。」

いるかだけは心配そうに、春海の顔を覗き込んだ。

自由登校のある日、彼らは示し合わせて、里見学習院に登校していた。

3学年の廊下で談笑していた折、春海の心此処に在らずな・・・ボーっといるかを見ていた・・・様子から言ったのだが。

彼女は、最近彼が時折見せる挙動不審(笑)を、受験のせいだと思っている。

・・・抱きしめたい・・・。

春海は、所構わずの衝動を抑え込みつつ、苦笑しながら「ああ、大丈夫だ。」と答えた。

いつもの定位置に行こうとする手も、全力を込めて押し留める。

触れたが最後、暴走しかねない自覚がある。

そっと触れるつもりの手に、どうしようもない引力が作用する日々。

一気に沸騰する血液。

思い出すのは、ほぼ全校生徒が見守る中、いるかにキスをしようとしたウェストサイド物語。

・・・あの時の方がまだマシだ・・・。

そんな日々が、どれくらい続いていただろう。

限界を感じた。

だから・・・。

「本番も近いし、受験勉強に集中したいんだ。少し会うのをよそう。」

2次試験も間近・・・春海はいるかにそう告げた。

何も言わず避けて、彼女を傷つける事はしたくない。

倉鹿の二の舞を踏みたくはない。

今の春海には、その選択肢しか浮かばなかった。

~中編へとつづく~



♪((O(〃⌒∇⌒〃)O))♪ドキドキ
続きが楽しみ~
スポンサーサイト
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011/08/04(木) 18:21 | | #[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

juni+mame

Author:juni+mame
「いるかちゃんヨロシク」の二次創作サイトです。
 <mame二次小説/juni イラスト>
当サイトはリンクフリーです。
当サイト内の画像や文章の転用転載をお断りいたします。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。