FC2ブログ

「いるかちゃんヨロシク」大好き!のmame+juniが運営しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

~春~ 最後の冬(完結編)

こんばんはjuniです。
お久しぶりでございます。

あっという間に~ w( ̄▽ ̄;)w 11月になりました。
先月は本当にすみませんでした。


早速ですがmameさんの新作をアップします。
お休みの間に書いたそうです。

ではど~ぞ~。



~春~

「おい、顔が緩みっぱなしだぞ。」

「幸せ駄々漏れだな。」

一馬と進がのたまった。

・・・こんな春海見たことねぇ!・・・。

その・・・余りにあまりな表情(笑)に、突っ込みは続く。

「何か良いことあったのかなー春君?」

一馬は春海の肩に肘を乗せながら問うた。

「あちらの誰かさんがらみか?」

進は、5m程離れた場所ではしゃいでいる少女らの一人を一瞥する。

言わずもがな・・・ではある。

が!ここまでデレデレな春海を揄わずにいられようか!

否、ありえない!

「いやぁ、おめでとう。」

「手の早いお前にしたら、よく頑張ったよ。」

2人はわざと顔を近づけ囁いた。

・・・くそっ!バレバレだ・・・。

春海は、今回限りは、今回に限ってだけは、倉鹿に帰ることに気乗りしていなかった。

いや、はっきり言って帰りたくなかった。

せめて、自身が落ち着く?まで。

しかし・・・。

「夏休みにゆっくり戻ればいいだろ。」

春海がいるかに言うと、

「・・・どうして?」

きょとんとした目で問い返されて。

・・・言えねぇだろ!お前と・・・な関係になったからだなんて・・・。

故に、ココに居る。

2人の激しい揄いに、それこそ一気に何度ものぼった血も、幸せそうないるかが目に入ると・・・途端に溜飲が下がるというか、表情筋が緩んでくる。

極めつけは、恋愛事には鈍感な兵衛に、

「春海、いるかがらみで良いことでもあったのか。」

朗らかに言われる始末だ。

・・・俺は今、どんな顔をしてるんだ。くそ!・・・。

もし、もしもだ・・・そんなに幸せなのか?と問われれば。

YESとしか言いようが無い。

肉親も親友も、誰も知らないいるかを手に入れ・・・そして・・・思いきり愛し、愛された記憶がある。

その喜び、安堵感、充足感は表現が難しい。

いや、出来ない。

そして、深まる気持ちに比例して、持て余す”ある”思い。

「お前らはどうなんだ。」

進、一馬、兵衛に向かって春海が言い放った。

だいたい、俺のこの状態に”羨ましい”との感情が一切見えないところからして、問う必要もないのだが。

「俺は、片思い卒業からずっと、言うこと無しだ。」

「・・・上々かな。」

「充分だ。」

物言いだけは余裕?ながら・・・。

実を言えば”最初から尻に敷かれ””彼女の優しさに首ったけの””お付き合いすることになり幸せ絶頂期”な一馬、進、兵衛である。

各々の大切な存在を見つめ、互いに視線を交わす。

問わずもがな。言わずもがな。惚れた弱みよ。

苦笑いながらも、良い笑みだ。

そんな彼らから、視線をいるかに移しながら、春海が呟いた。

「・・・最近さ・・・結婚したいっていう男の気持ちが解るよ。」

ブッ!!!

3人が思わず吹き出した。

「春海!お、おまえ突然、なんちゅうこと言うんだ。」

一馬の叫びに進と兵衛が頷く。

春から大学に通う若者とは、到底思えぬ発言だ。

目を見開きながら、春海の顔を注視した。

一昨年の家出事件の後、「いるかにプロポーズされた。」と聞いた時も、確かに驚いた。

しかし、いつも突拍子もない事をする”いるか”だからこそ、納得も出来た。

だが、たった今、目の前にいる春海の言動と状態は・・・幼い頃を知るだけに、尚一層の驚きを3人に与える。

確かに・・・昔から時々、彼らしからぬ言動が飛び出すことはあった。

が!

いるかが絡むと、こうもぶっ飛ぶか!!!

聞いているのかいないのか、ボーッといるかを見続けながら、春海は再び口を開く。

「毎日、目覚めれば横に居て、家に帰れば・・・。」

彼の言葉が途切れ、

「ただいまーって迎えてくれる!・・・か?」

その後を、進が引き取った。

・・・ふだんは怖いくらいクールな奴なのに・・・。

「ま、解らないでもないけどな。」

・・・それだけの奴に出会ってるからな・・・。

そう言いながら、彼も意中の少女に目を向けた。

何も知らぬ他人ならば、青臭く思えるだろう。

一馬と兵衛も、各々目を向ける。

「確かにな・・・。」

その奇跡のような出会いと幸福に、溢れた想い。

失う事も知るからこその、祈るような想いに、彼らが共鳴した。

・・・共鳴はする・・・。

するが、とどのつまり、惚気!幸せボケだろ。

こんのバカップルめ!

「お前の事だ。綿密に計画してんだろー。」

一馬が俺の役目とばかりに、揶揄するよう続ける。

「理想は、大学卒業と同時に結婚か?」

図星を刺された春海は、途端に眉間に皺を寄せた。

「いや、昔からプライドの塊みないな奴だからなー。共同経営者になるまでは結婚しないだろ。」

再び、進が後を引き取った。

兵衛が、殊更渋面になった春海の顔を見て笑う。

先程までの空気など微塵も無い。

「ビンゴだな。それじゃ短くとも5年は必要かー?」

とどめとばかりに一馬が顎に指を添え、意地悪く笑いながら言った。

そんな彼らに、

「3年だ!」

春海は憮然としながら、しかし頬を赤らめて叫んだのだった。

~春~



ぼのぼのですね~。
に~んまりします(〃⌒ー⌒〃)ゞ



スポンサーサイト
コメント
超ラブラブ~

バカップルお素敵です

倉鹿の皆様の突っ込みが最高でしたわ
2011/11/06(日) 11:49 | URL | 亮 #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

juni+mame

Author:juni+mame
「いるかちゃんヨロシク」の二次創作サイトです。
 <mame二次小説/juni イラスト>
当サイトはリンクフリーです。
当サイト内の画像や文章の転用転載をお断りいたします。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。