FC2ブログ

「いるかちゃんヨロシク」大好き!のmame+juniが運営しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

~ミラーイメージ~ 後編

こんばんは~juniです。

後編をアップします~。

~ミラーイメージ~ 後編

「もうそろそろだよな。」

浮き立つ心を隠そうともせず、佐藤が春海に声を掛けた。

平尾も、人の悪い笑みで彼を見る。

「ああ。」

春海は憮然と短く答えた。

・・・やっぱり気乗りしない。

もう避けられない状況とは理解しているが、どうにも気が進まないのはしょうがない。

進や一馬に兵衛、倉鹿の仲間、巧巳に玉子。

揶揄われるのには慣れている・・・いや、慣れた。

だからと言って、歓迎できる訳はない。

・・・だいたい、いるかの事だからすぐに友達になるだろうし、あいつの男友達をこれ以上増やしてどうするんだ。

くそ!

自身に悪態を吐きながら、春海はいるかが降りてくるはずの階段へ視線を向ける。

「お!あの子いいな!」

平尾が一人の少女に目を付け、控えめに指差した。

佐藤も男の性と、首を向ける。

「おお!背はちょっと小さいけど、スタイルいいし可愛いし・・・隣の男、彼氏かな。」

・・・いいなと思う子には必ずいるよな・・・声を下げて語尾を結ぶ。

その間も、春海はある場所から目が離せない。

少女の隣に当たり前の様に立っていた男が、軽く彼女の頭に触れると同時に、春海の足が動いた。

「おい山本!どこ行くんだ。」

平尾と佐藤が同時に叫んだ。

少女は笑顔で男を見上げ、彼へと何事が言いながら片手を上げて、方向転換した。

少女の髪が、フワッと揺れる。

途端に何かに気付いたのか、大きく目を見開き微笑んだ。


いるかちゃんヨロシク 春海



春海の行動が気がかりながらも・・・彼の肩越しに見える少女の笑みに、2人は思わず「おお!」と感嘆の声を上げた。

彼女は足早に改札へと向かう。

男は少女の背中を見送る・・・瞳に、恋情の色をありありと浮かばせながら・・・。

そして、少女は右手を上げて、嬉しそうに名を呼んだ。

「春海!」

一瞬遅れて、春海もいるかに声を掛けた。

「いるか!」

彼らは微笑みながら、一緒の時間の始まりを喜び合ったかの様に見えた。

片方は間違いなく・・・。

春海は、いるかが改札を抜けたとほぼ同時に肩を抱き、その後方へ暗い視線を送った。

その先には、苦しいような、挑むような双眸が佇む・・・それは、鏡の向こうの自分。

佐藤と平尾は、固唾のを飲んで、その光景に見入っていたのだった。





予約していた店に4人が到着し、いるかが「家に電話してくるね。」と席を外した。

食事だけの予定が、変更になった為だ。(笑い)

彼女が離れるのを待っていたかのように、佐藤が口を開いた。

「彼女・・・いるかちゃん可愛いな。」

褒め言葉だが、喜べない。

”いるかちゃん”と呼ばれるのはもっと嬉しくない。が・・・当の本人が許したのだからしょうがない。

「ああ。」

どう取れば良いのか、不明の答えが返って来る。

「あの男、どう見てもいるかちゃん狙いだよな。」

春海は、暗い視線を平尾に向けた。別に彼が狙っていると言った訳でも無いのだが。

改札から店までの道程で、彼の発言の意味を理解した2人だった。

興味が無いと言うよりは・・・彼女に首ったけ・・・もっと言うと、気が気でない。

道すがら、彼女の笑顔に魅入られ、チラッと横目で見る男に、何人もすれ違った。

当の2人もそうなのだ。

そのたびに、言葉無くけん制する彼と視線が合い、何とも気まずい道中であった。

とにかくと、佐藤が春海に言う。

「もう、コンパにゃ誘わないからさ。」

「ああ。ヨロシクな。」

春海は短く返事してから、「いるかも今日の事喜んでたし、楽しもう。」と笑顔を乗せた。

その表情に、やっと人心地ついた彼らだった。





食事も終わり、佐藤と平尾組は、春海、いるかと別行動を希望した。

楽しい会食に、いるかは名残惜しそうにしていたが・・・春海が許すはずもない。

そこに気付いていない事が尚一層彼らを楽しませ、学友の知らない一面を、驚くほど沢山見られた時間に、2人は十分に満足した。

彼らを見送った後、平尾が佐藤に言った。

「惚れてんなー。」

このたった数時間で、敏い彼らは少女の気質を理解し。

同時に、気付きたくない現実・・・彼らの周りを取り囲むものをも理解した。

「ああ、ベタ惚れ。」

佐藤が羨ましげに答え、平尾が頷く。

肩書や学歴に見た目、媚びる事も無く、背負う何物にも左右されない。

得難い少女。

「羨ましいな。」

平尾は数度首を揺らし、はっきりと言葉として発した。

・・・そう、羨ましい!

・・・確かに羨ましい。だがしかし!

2人は春海の苦難を想像しあい、笑いあった。

その後、彼らの幸せを願い(主に春海の・・・)夜の街へと繰り出したのであった。

~ミラーイメージ~終わり



イラストそのままっす。
ペンダントがキラッってしたかった~(TmT)ウゥゥ・
スポンサーサイト
コメント
No title
mameさんおかえりなさい^^
メッセージありがとうございました。
またmameさんのお話を拝読できること
嬉しく思います。
相変わらずの二人の様子、楽しませていただきました。
いるかちゃんはちょっと大人になったのかしら?
春海中心だったのでおとなしくみえただけでしょうか^^
2012/07/30(月) 01:57 | URL | 和流 #V0Zz7F9Q[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012/10/13(土) 23:37 | | #[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめ【〜ミラーイメージ〜 】

こんばんは〜juniです。後編をアップします〜。〜ミラーイメージ〜 後編「もうそろそろだよな。」浮き立
プロフィール

juni+mame

Author:juni+mame
「いるかちゃんヨロシク」の二次創作サイトです。
 <mame二次小説/juni イラスト>
当サイトはリンクフリーです。
当サイト内の画像や文章の転用転載をお断りいたします。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。