FC2ブログ

「いるかちゃんヨロシク」大好き!のmame+juniが運営しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

~さくら~ ③

激甘~(///∇//) 楽すぃです~ juni

なかなかブログの整理の時間が取れません!
もう少し先になりそうです。ごめんなさい。


~さくら~ ③

部屋を辞した二人は、再び中庭に向かっていた。

もう一度、桜を眺めようという事になったのだ。

やっと落ち着いてきた2人であったが、やっぱり気恥ずかしさが拭えず、いつものように会話が弾まない。

特に春海は落ち込んでいた。

彼の計画では・・・。

いるかが大の苦手の今日のような席では、俺がリードしないとな・・・と考えていた。

のにだ!!!いるかの艶やかな着物姿に、一発でやられて醜態を晒してしまった。

そして今、これからもっと綺麗になるであろう彼女に、頭を痛めている。

今年のバレンタイン、今思い出しても腹が立つ。これから、この先はどれ程だろう。

寄り添い、いるかの歩幅にあわせて歩きながら、ちらと見ると、見上げていたらしい彼女と目が合った。

「春海、大丈夫?さっき変だったよ。風邪でもひいた?」

いるかの頭には、今日の春海の醜態の原因が、彼女の姿にあるとは思えないらしい。

大人たちの言葉など、まったく本気にしてない。

お世辞か社交辞令とでも思っている。

「大丈夫だよ。ちょっと緊張したんだろう。」

「春海でも、緊張することあるんだね~。」

確かに・・・普段あまり?殆ど緊張することの無い彼を、唯の男にしてしまう少女は「ふ~ん。」と言いながら、ゆっくりと歩を進める。

「俺も、普通の男だからな。」

・・・クールなおまえらしからぬ言動・・・最近ひんぱんにさ、気がついてたか?・・・倉鹿の仲間の言葉が、ふと思い出された。

「普通の男?(男???)」

分かったような、分からないような・・・解からん!!!

いるかは口を、への字に曲げた。

その姿はいつもの彼女で、春海はやっと、人心地ついたような気さえする。

二人の間に、普段の会話がもどり始めた頃、中庭への入り口についた。

大きな一枚ガラスの両開きのドアからは、差し込む光と、桃色の満開の桜が見える。

ビル風だろうか?桜の花びらが舞い上がり、二人の間を抜け、大理石の床を彩った。

「綺麗だねぇ・・・。」

いるかは桜を見ながら、目を細めて言った。

「綺麗だな。」

春海は、いるかを見ながら言った。

そしてゆっくりと、ガラスのドアに向かって、再び歩み始めた。




緩やかな時が流れる。

飛び石を踏み、日本庭園を巡る。

随所に盛り込まれた春の花が2人の目を楽しませ、奥へと歩いて行くうちに、一段と立派な桜の木が望めた。

いつの間にか2人は、人の多いU字型の中庭から、少し外れた場所に来ていたらしい。

ホテル設立当時から植えられているそれは、ひっそりとした所にありながら、日当たりが良く暖かい場所にある為か、蕾を開かせて二人を迎えていた。

ホテル内でもっとも桜が美しい場所として、知る人ぞ知る場所である。

「わぁ~~凄いねぇ。春海、あたしね。桜の花、大好きなんだぁ。」

いるかは木の下に、トトッと小走りすると、頭上を見上げながら感嘆の声を上げる。

ゆっくりと追い、そっと後ろに立った春海は、桜舞い散る中、彼女と出会った日を思い出した。

春の嵐のごときあいつ・・・いるかは今、鮮やかに咲き誇り俺のそばに居る。

「俺も好きだよ。」と言いながら、春海はポケットに手をやった。

「そういえば、春海と最初に会った時も、桜の花びらが舞ってたねぇ。」

懐かしそうに言うと、春海も「そうだな。俺も丁度思い出してた。」と答える。

いるかが振り返ると、自然、春海と目があった。

ふっ・・・と2人は笑いあう。

微笑み合いながら、彼は手に持った小箱から、細い鎖を取り出した。

「いるか。動かないで・・・。」

春海はそう言いながら、いるかの首に優しく腕を回した。

抱きしめられる?・・・いるかはほんの少し体を硬くしたが、春海はそのままゆっくりと腕をもとに戻した。

カチ・・・微かな金属音が、彼女の胸で響く。

「え?何?」

いるかは、自身の胸元に眼をやる。

彼女の瞳に映る、光る五枚の花びら・・・桜色の。

「桜?のペンダント?」

「ああ、ホワイトデーのプレゼント。1日遅れだけどな。」

片目をつぶり、軽く言った。

いるかの胸に、優しい桜色の光・・・やっぱり似合うな。

一目見て、コレだ!と感じた。

"愛とやさしさの象徴"の石と聞いて、ぴったりだと思った。

「でも・・・あの。こんな、こんな高価なもの貰えないよ。」

いるかは慌てて、首の後ろに手を伸ばす。

着物の袖がふわりと揺れ、白い腕が春海の目を射す。

彼は、柔らかく、いるかの手を押さえ言った。

「いるかに、受け取って欲しいんだ。」

微笑みながら言葉を続ける。

「・・・でも、あたし・・・」

いるかは躊躇する。

ホワイトデーのプレゼントって、チョコのお返し?こんな高価な物を貰うなんて・・・。

「俺の気持ちを、いるかの胸に置いて欲しい。」

「春海の気持ち?」

春海の気持ち・・・いつもいつも貰ってるよ。

「もう、いっぱい、貰ってるよ。」

いるかの返事の中に、彼女の優しさが見える。

「なんて言えばいいかな・・・。ホワイトデーのお返しって言うのは、かこつけただけだよ。」

笑いながら白状する。

「本当は、俺がプロポーズしたかったんだぞ!これくらい受け取って貰わないとな。」

プロポーズという単語にいるかの頬が反応し、その顔を楽しそうに見ながら・・・春海はそっといるかの左手を取った。

「正式なプロポーズの時は、ここに指輪を送るから。」

そして、優しく薬指にキスをする。

「それまでは、そのペンダントを、いるかの胸に置いて欲しいんだ。」

いるかは、余りの気恥ずかしさに固まりながらも、小さく「はい。」と頷いた。

そして桜舞い散る中、2人だけの、誓いのキスを交わしたのだった。



そろそろ戻ろうかと、2人手を繋いでホテルのロビーへと向う。

顔を上げることが出来ないいるかは、俯いたまま春海に手を引かれていた。

その目に、きらりと胸の桜が飛び込む。

すると又、恥しさが込上げ、頬が熱を帯びる。

どうしよう・・・みんな気付かなきゃいいけど・・・。

これの事、聞かれたらどうしよう。

今までアクセサリーなどつけた事の無いいるかである。

初めて春海から貰ったプレゼント。もちろん嬉しい。

気にする必要も無いのだが、どうしても気になってしまうのだ。

しかし・・・このままでは逆に不味かろう(気付かれるかも・・・)と、やっと顔を上げ春海を見たとたん、いるかは真っ赤になった。

そして口ごもりながら立ち止まり、繋いでいた手を離し、何事かゴソゴソと探しだした。

「いるかどうした?」

春海が尋ね顔を近づけると、いるかは今迄に無く、ボッと顔から火を噴いたように赤くなった。

可愛い・・・。

楽しんでいる様相の彼に、いるかは手を突っ張って、ハンカチを差し出す。

「本当にどうしたんだ?」

流石に怪訝な表情で春海が尋ねると

「くち・・・口紅が、ピンクの、アノ・・・」

今度は春海が真っ赤になった。

「あ、ありがとう。」

2人が初めてルージュのキスを知った、記念すべき春の日の事である。

その一週間後、2人の婚約が正式に相成ったのであった。

~さくら~ 終わり?・・・つづくかも

スポンサーサイト
コメント
No title
かわいらしいですねぇ(ノ´∀`)
そっかそっか。ルージュね(〃ノωノ)ポ
juniさんの描いたいるかちゃんの美しさと
いるかちゃんのいつも通りのかわいらしさの
ギャップには春海じゃなくてもやられますねー。

続くといいなぁ( ̄¬ ̄*) 
2010/04/07(水) 14:18 | URL | 和流 #V0Zz7F9Q[ 編集]
No title
和流様
いつもご感想ありがとうございます。

もとはショートだったのですが、いるかちゃんの着物姿を見て、かなり加筆しました。
原作でも、いるかちゃんのギャップは可愛らしかったですよね。
喜んで頂けて嬉しい限りです。

続き、書き上がりましたら?・・・更新致します。
今後もヨロシクお願い申し上げます。
2010/04/08(木) 00:54 | URL | mame #4SSKmKVw[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

juni+mame

Author:juni+mame
「いるかちゃんヨロシク」の二次創作サイトです。
 <mame二次小説/juni イラスト>
当サイトはリンクフリーです。
当サイト内の画像や文章の転用転載をお断りいたします。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。