FC2ブログ

「いるかちゃんヨロシク」大好き!のmame+juniが運営しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

~その後の物語~ 大晦日のお土産話(祖父と5人編①)

いるかちゃんヨロシク二次小説ファンサイトイラスト画像
大変ご無沙汰しておりました~juniです。
mameさんより久しぶりに新作が送られて来ましたので更新します。

三日前までパソコンが仮死状態で泣き泣きでした。
何とか復活 データも無事でしたぁ (T T)

~その後の物語~ 大晦日のお土産話(祖父と5人編 ①)

二人の心は決まっている。

まずは、おのおのの両親に話をした。



鉄之助は手放しで喜んだ。

自分が長男であり、本来ならば如月家の後(いるかに婿養子)を考えねばならない。

しかし、可愛い一人娘を家の犠牲にはしたくないと、目を瞑っていた。

先だっての行動の理由には、それも含まれていたのだ。

周囲にイロイロ言われる前に、望まれて望まれていく・・・断ることさえ難しい縁ならば、周囲も納得するだろう。

上野介とて一緒で、本当は分家の口さがない者等にアレコレ言われたくもないし、修学院のことも、本心を言えば・・・いるかに継いで欲しかった。

が!それはとどのつまり、婿養子を迎えるということ。

困ったことに、如月いるかの婿養子なら喜んで!と、ごり押ししそうな連中は片手では足りぬのに、孫を幸せに出来るような器の持ち主は居なかったのだから。

この者ならいるかを託せる!そう思った教え子は、どう考えても山本家が手放すとは考えられない、頭脳・技量・器、全てを持ちえている。

少々?いやかなり強引なやり方だったが、2人に接点は持たせた。

後はなるようになろう・・・と、期待していなかったが、瓢箪からコマが飛び出した。

信じられないことに運良く?双方惹かれあい、それだけでも嬉しい限りと十分満足していたのに、彼にとっては・・・上野介の可愛い孫は、かつて自分も出会った「珠玉の女」らしい。

内心驚きつつも、愛する孫が幸せになれる最高の相手、必ず娶わせるやりたい。

ご先祖様には申し訳ないが、可愛い孫の幸せにはかえられないのだから。

嫡流の存続など諦めてしまおう・・・そう決意した矢先、沸き起こったのが家出騒動だったわけだ。

少々複雑な気持ちになりながらも、春海の父へは言うだけのことは言って、後は本人達次第と納めた。

いるかと春海、2人の防波堤になり、彼らが漕ぐ舟が求める所に行き着けば、それでいいと考えたからだ。

あの責任感の塊のような春海が、まして山本家が、こんなに簡単に婿養子を了承するとは・・・思ってもみなかったのだ。



「年末に2人が行きますので、宜しくお願いします。」と、両家から連絡が入り、

「春海から話は聞きました。宜しくお願い致します。」という春海父には、心底驚き申し訳なくなり。

「春海君が婿養子になってくれるそうです~。」と鉄之助から喜びの電話が入ると、上野介は一喝した。

「何をすべて子供任せにしておる。気兼ねしておるやも知れぬだろう。人一人、いや、二人の人生と家など、比べようもなかろうが!」

鉄之介は肩をすくめつつも、

「でも、これで如月家は安泰ですよ。あちらには弟さんもおられることですし。」とのたまった。

それに対して、

「とにかく、年末にいるかと春海が来た時にわしがじっくりと話すわ!」と怒りを顕わにしたのだった。



早朝2人して東京を出発し、昼過ぎ?いや夕方といったほうが正しいのか、倉鹿に到着したいるかと春海は、早速如月邸へと向かった。

もちろん、祖父・学院長と話をする為である。

その日は、春海は進の家に泊まり、いるかは学院長宅で女子宿泊会が決まっていた。

面々がそろう前に、大事な話をせねばならないと、2人は挨拶もそこそこに祖父と対座した。

「祖父ちゃん、話は聞いたと思うけど、あたしが如月を継ぐから。」

春海は静かな表情で横に座っている。

行きの列車の中で、まずは2人の気持ちを伝えようと相談したのだ。

父鉄之助から、祖父は喜びの声を発しなかったといるかは聞き、その事を春海に話すと、いるかの気持ちと・・・それを応援したい自分の気持ちを伝えよう、という事になった。

「家のことを気にかけてくれるのは嬉しいが、お前たちのようなヒヨッ子に心配してもらう必要はないわ。」

上野介は言い放つ。

瞬間湯沸かし器のいるかは、カーッと頭に血をのぼらせたが、横に座っていた春海が、いるかの服の袖を軽く引っ張る。

そうだった・・・。祖父ちゃんは、あたし達の為に反対をするだろうって春海が言ってたっけ。

学院長はきっと、お前がカッとなるようなことを言うだろうが、それはそれとして、自分の気持ちをシッカリと言うんだ。

俺の本心、いるかは解っているだろう?学院長にはきちんと説明するさ。

きっと理解して頂けるよ。

「心配なんかしてないよ。祖父ちゃんには悪いけど、別に如月家なんてどうでもいいんだ。」

孫のあまりな発言に、祖父は蛸のように口先をのばし、何じゃこいつら何しに来た?と言わんばかりに、かわるがわる2人を見た。

「確かにさ。孫はあたしだけだから、考えなきゃいけないのかも知れない。でも、父ちゃんと母ちゃんから気にするなって言われたし・・・」

いるかはそう言うと、祖父の顔を覗き見た。

「祖父ちゃんだってそうだろ。」

そして、にっこりと笑った。

拍子抜けしたのは上野介で、どうも自分の考えていた事とは違うらしいと思う。

「あたしが如月を継ぎたいと思ったのは、倉鹿修学院が大好きだからだよ。一年半しか居れなかったけど、心から大好きなんだ。」

いるかは自分の思いを祖父に伝えようと必死だ。

「ほんとに倉鹿修学院って変だと思うよ。あまりにも祖父ちゃんらしくて、何だこりゃって最初思った。」

言うに事欠いて、学校の最高責任者と、3年間生徒会長を勤めた者の前で言う言葉とは思えない。

こいつめ(は)・・・と、2人はちょっと睨む。

「でもさ、みんな凄く楽しんでて、元気が良くて、真直ぐで。」

懐かしいなぁ・・・と少し寂しげな表情に、祖父と春海は最後の夏を想い出した。

結局、一番寂しい思いをしたのはいるかなのだ。

倉鹿修学院を、どれ程卒業したかったろう。

たったの一年半、それをきっかけに人生を決めようとしている。

だからこそ、応援したい・・・そう春海は思った。

「祖父ちゃんがさ、春海と出会わせてくれた場所だしね。」

さらっと気なしに言う言葉に、彼の胸が熱くなる。

「修学院を守りたいんだ。祖父ちゃんごめんね。如月家は、ホントにどうでもいいんだ。へへへ。」

彼女が一呼吸置くと、上野介が口を開いた。

「いるか、お前はそんなに倉鹿修学院が好きか?」

「うん。」

いるかは即答すると、つづけて

「多分ね。修学院を辞めなきゃいけなかったり、里見に行ったから気付けたんだ。ココがあたしにとってどれだけ大切か。」

首を傾げて尚を言葉を探す。

「去年の夏、倉鹿を去る時にね。ここでの1年半を、十年たっても二十年たっても絶対忘れないって思った。」

そう・・・

「だってさ、忘れられない思い出がいっぱいだもん。そしてね。ココが変わるのは絶対いやだ!って事にも気付いたの。」

里見みたいになったら・・・。

「十年、二十年後の倉鹿修学院を守れるのはあたしだけでしょ。それって凄いことじゃん。ラッキーって言うかさ。」

そういうと、いるかはにっこり笑って、

「だからさ、祖父ちゃん。倉鹿修学院をあたしに頂戴。」

両手を差し出して、単刀直入に言う。

「いるか、一応言うておくが、倉鹿修学院を継ぐということは、もれなく如月家当主がついてくるのだぞ。」

グリコのおまけみたい・・・いるかはちょっと可笑しくなった。

「しょうがないよ。何とかなるよ。」

如月の当主の座が欲しくて、やいのやいのと言ってくる連中が聞いたなら、どう思うのだろう。

わが孫ながら、これも器の大きいやつと思いながら、隣の大器を見た。

「いるかの気持ちはよう分かった。のう春海、お主はこれで良いのか?」

「はい。」

これまたにっこりと、一点の曇りなく微笑み、言いのける。

「僕の希望は、法曹界に入ることです。多分、学院長はお気付きだったのではないですか?」

上野介は頷きつつ、答えた。

「そうじゃな。検察官になりたいと文集に書いておったろう。何とも渋い奴!と印象に残っての。」

顎鬚を触りつつ、ほっほっほっほ!と笑う。

「すべての生徒の分とは言わぬまでも、入学者に関しては、出来るだけ知る努力をしておる。」

祖父は教育者としての姿を垣間見せた。

いるかは春海を除き見た・・・検察官?弁護士じゃなく?

「いるかに出会ってから、少し考えかたが変わったんでしょう。官憲の力に頼らず、自分の能力のみで戦ってみたくなりました。」

春海は力強く言う。

「特に、冤罪問題や弱者救済に興味があります。今は弁護士になりたいと思っています。それに弁護士ならば、ずっと倉鹿にいれますから。」

すっきりとした顔で言い切る姿に、上野介は自分の杞憂を理解した。

「そうか。そうか。お前達の気持ちはよう分かった。わしとしては嬉しい限りだが・・・」

上野介はいるかに視線をやると

「いるか、後はお前の頑張り次第じゃな。馬鹿に倉鹿修学院はやれん!」

ふんっと腕を腰にやり、胸を張って祖父は言ったが、その態度とは裏腹に、その顔は喜びに溢れかえっていたのだった。

~②につづく~いるかちゃんヨロシク二次小説 ファンサイト 如月いるか 山本春海 いるヨロ いるかちゃんヨロシク画像 いるかちゃんヨロシクイラスト いるかちゃんヨロシク漫画
スポンサーサイト
コメント
No title
二次じゃなくて、本当の原作の続きみたいですね~。
先が楽しみです^^
2010/04/21(水) 15:29 | URL | 和流 #V0Zz7F9Q[ 編集]
No title
和流様
いつもご感想ありがとうございます。

楽しみと言って頂けるなんて、本当に有難いです。
今後ともヨロシクお願い申し上げます。
2010/04/23(金) 00:16 | URL | mame #4SSKmKVw[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

juni+mame

Author:juni+mame
「いるかちゃんヨロシク」の二次創作サイトです。
 <mame二次小説/juni イラスト>
当サイトはリンクフリーです。
当サイト内の画像や文章の転用転載をお断りいたします。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。